goTop

スポーツ整形外科

一般整形外科 スポーツ整形外科 リハビリテーション科 骨粗しょう症外来 ロコモティブシンドローム

スポーツ整形外科について

スポーツ整形外科とは

スポーツ整形外科とは、あらゆるレベルや年代の選手に対して診察や治療を行い、早期にスポーツへの復帰を目指していく診療科のことです。

スポーツ整形外科では担当医は一般の整形外科的な知識に加えて、さまざまなスポーツ種目についての運動内容や外傷・障害などの特殊性を理解することが必要になります。
また早期の復帰を目指して、理学療法や装具療法、手術療法などによる総合的な治療も行います。

スポーツで負った怪我の治療は、一般の整形外科の治療とは異なる部分もあり、経験豊富なスポーツ整形外科の専門医にお任せいただくほうが安心です。

目次
かわかみ整形外科クリニックのスポーツ整形外科 主なスポーツ外傷 主なスポーツ障害
前十字靭帯損傷 テニス肘 シンスプリント 野球肘
ジャンパー膝 半月板損傷 オスグッド病(小児)  

かわかみ整形外科クリニックのスポーツ整形外科

当院では、スポーツ外傷・障害に対して、筋力強化やストレッチ、運動動作指導など適正な運動療法のプログラムを組み、治療および怪我を予防することを心がけています。

また、治療にあたっては、怪我からの早期復帰および今後の予防に重点を置き、重症度や年齢、性別、種目、その方のポジションなどといったさまざまな要素を十分に考慮しております。

また当院の院長はスポーツ外傷・障害のなかでも、最も多い膝関節を特に専門としてきました。中でも前十字靭帯損傷はこれまで数千例執刀してきました。
前十字靭帯損傷では手術が必要になることがほとんどですが、その他のスポーツ外傷・障害外傷では手術をせずに治療をすることにも努めて参りました。

スポーツや部活動で怪我をされた時には、お気軽にご相談ください。

主なスポーツ外傷

  • 突き指
  • 打撲
  • 骨折
  • 脱臼
  • 捻挫
  • 切り傷
  • 靭帯損傷
  • 半月損傷
  • 肉離れ(テニスレッグなど)
  • 腱断裂 など

主なスポーツ障害※

  • 野球肩
  • 野球肘
  • テニス肘
  • ゴルフ肘
  • ジャンパー膝
  • ランナー膝
  • アキレス腱炎
  • シンスプリント
  • 疲労骨折 など
※スポーツ障害とは
同じ動作の繰り返し(使い過ぎ)によって起こる障害

シェーマ図 スポーツ整形外科 シンスプリント 野球肘 前十字靭帯損傷 半月板損傷 ジャンパー膝 オスグッド病(小児) テニス肘
前十字靱帯損傷
前十字靱帯損傷について
前十字靭帯損傷とは

前十字靭帯損傷とは、膝を捻ったり、人と衝突したりして前十字靭帯を断裂することにより起こります。
またその他ジャンプした瞬間やスキーでターンした瞬間など自分の筋力によって断裂することもあります。
受傷時にパッチンといったような音を感じることが多いです。

前十字靭帯損傷の症状

前十字靭帯損傷を受傷した直後から膝がふらつく感じがします。
さらに数時間後に膝が腫れ、膝が曲げられなくなってきます。
これは膝の関節内に切れた靭帯から出た血液が充満するためです。
急性期を過ぎれば、痛みはなくなり、日常生活の支障はほとんどなくなります。
しかし、スポーツ動作を行うと不安定感を感じ、無理をすると簡単に膝が脱臼してしまいます。
この時さらに軟骨や半月板を損傷する場合があります。

前十字靭帯損傷の治療

受傷直後はよく冷やしてください。
受診時、多くの場合膝の中に血液が溜まっているので、関節に針を刺して血液を排液します。
排液後も断裂部の出血は続きますが、日に日に出血量は減っていくので、通常は毎日抜く必要はありません。
ギプスなどによる固定は関節を硬くするので、通常は必要ありません。
筋力低下を予防するため、負担の少ない方法で筋力強化や可動域訓練を行います。
そしてMRI検査で前十字靭帯損傷の確認や合併損傷の有無を判定します。
スポーツをすると膝は脱臼するおそれがありますが、日常生活では通常脱臼しません。
したがいまして、今後定期的にスポーツをするのであれば手術が必要となります。
スポーツをしないのであれば手術は必要ありません。
しかしながら筋力強化などの運動療法は重要です。
前十字靭帯断裂で手術を行う場合でも、膝の可動域や筋力を回復させる必要があります。
早期のスポーツ復帰には、受傷直後からの早期リハビリテーションが重要となります。


テニス肘
テニス肘の症状と原因

テニス肘の症状には、ものをつかんで持ち上げる、タオルなどをしぼる動作などを行うと肘の外側に出る痛みがあります。
手や手指を伸ばす筋肉が肘外側に付着するところの炎症が原因です。
テニス肘は正式には上腕骨外側上顆炎という病名です。
中高年以降のテニスをする人に多い症状なのでテニス肘といわれています。
手を使う仕事やキーボードをよく使う人などにもよく起きます。
テニスにおいてはボールインパクト時の衝撃のストレスが肘に伝わり起きます。
ラケットのスイートスポットに球が当たりにくい初級者、ラケットの衝撃吸収性が悪かったり、ガットが硬すぎたり、片手でバックハンドを行う選手のほうが受傷しやすくなります。
発症の原因の根底には使いすぎによる疲労性障害があります。

テニス肘の治療

テニス肘の治療には

1.安静(痛む動作を避ける)
2.伸筋のストレッチ

が重要です。

その他には

3.装具(エルボーバンド)
4.ステロイド注射

がありますが、このような治療でも治らなければまれに

5.手術

も必要となる場合があります。

その他テニスなどのスポーツ障害においては、

6.筋力強化(ただし治った後) 
7.練習時間の調整
8.練習後のアイシング
9.フォームやラケットの調整

なども必要となります。


シンスプリント
シンスプリントとは

運動時あるいは運動後にすね(下腿)の下1/3、内側に慢性的に痛みが出ます。
ランニングやジャンプを過度に繰り返す場合に発症しやすくなります。
ランニングやジャンプにより下腿の骨(脛骨)に負担が起きることと、地面を蹴る筋肉を繰り返し使うことにより、骨膜や筋膜に炎症が起きることが原因だと考えられています。
疲労骨折やコンパートメント症候群との鑑別も必要になります。

シンスプリントの治療

シンスプリントの治療として最も大事なのは局所の安静です。
練習量や練習方法の調整、練習場所の変更(舗装路からグランドへなど)をします。
その他ストレッチ、アイシングを行います。
また根底に扁平足や回内足など足の異常があることも多く、その場合は装具治療も必要です。
症状が軽快したら徐々に復帰し、同時に筋力強化をしていきます。


野球肘
野球肘とは

野球肘とは成長期にボールを投げ過ぎる(overuse)ことによって生じる肘の障害のことです。
野球肘では、投球時や投球後に肘に痛みが走ります。
成長期に骨が障害されるため、将来にわたって変形や障害を残す可能性があります。

野球肘

野球肘には3つの病態があります。

1.内側型
ボールを投げる直前、肘の内側は、開く力が働き、内側上顆骨軟骨障害(上腕骨内側上顆の骨端線離開や靭帯付着部での骨端症)や内側側副靱帯損傷を生じます。

2.外側型
ボールを投げる直前、肘の外側には圧迫力が働き、外側の骨・軟骨損傷(上腕骨小頭の離断性軟骨炎)を起こします。

3.後方型
ボールを離したあと(フォロースルー)では肘が過度に伸び肘の後ろの骨・軟骨損傷(肘頭窩骨軟骨障害(骨棘および遊離体)、肘頭疲労骨折など)が起きます。

また成人においては変形性関節症や尺骨神経障害も併発する場合があります。
野球をしていて肘に痛みがあり、動きも悪いなどの症状があるようなら、野球肘が疑われます。
X線検査やMRI撮影で診断をします。

野球肘の治療

野球肘の治療では投球動作の休止を徹底します。
骨の変化がある場合は3ヶ月以上の投球動作の休止が必要になります。
外側型、後方型では手術を要することもあります。


ジャンパー膝
ジャンパー膝とは

ジャンパー膝とはダッシュやジャンプ、キックなど大腿の前の筋肉(大腿四頭筋)の使いすぎ(overuse)で起こる障害です。
大腿四頭筋が収縮すると大腿四頭筋腱、膝のお皿の骨(膝蓋骨)、膝蓋腱を介して脛骨結節に力が伝わり、下肢が伸びます。
膝の屈伸動作を長時間繰り返すことにより、膝蓋骨周囲に微細な損傷が起きます。
大腿四頭筋腱、膝蓋腱炎に、出血、浮腫、変性が起こり小断裂が起こり、時には完全断裂が起きることもあります。
10代の成長期に多く、原因は使いすぎ以外にも骨の成長と筋の伸びとのアンバランス、筋力不足、筋力のアンバランス、大腿四頭筋の柔軟性不足など個々の問題も挙げられます。

ジャンパー膝

ジャンパー膝の治療

ジャンパー膝の治療には症状の程度に応じて運動量の調整を行い、運動前後の大腿四頭筋のストレッチ、運動後のアイシングがあります。
ほとんどは治癒しますが、症状が長く続く場合は手術で変性部分の切除を要することもあります。
また完全断裂では手術が必要になります。


半月損傷
半月損傷について
半月損傷とは

半月は膝関節の上の骨(大腿骨)と下の骨(脛骨)の間にある“C”型をした軟骨組織で、内側、外側それぞれにあり、衝撃を和らげるクッションの役目と膝を安定させる役目を果たして

半月損傷

半月が損傷すると、膝の曲げ伸ばしの際に痛みや引っかかりを感じます。

膝に水(関節液)が溜まったり、急に膝が伸びなくなる“ロッキング”という状態になることもあります。

半月損傷の原因

通常はスポーツ動作でのひねりや衝撃によって損傷しますが、加齢などで変性(断裂はなくてもいたんでいる状態)した半月が、ちょっとした外傷で損傷が起こることがあります。

形態により変性断裂や水平断裂、縦断裂、横断裂に分類されます。

損傷の状態によっては、放置すると、さらに関節軟骨を傷めることもあります。

診察や症状の経過からも診断の予測は可能ですが、単純X線写真では半月は写りませんので、確定診断はMRI検査を行います。

半月損傷の予防と治療

リハビリテーションや抗炎症薬の処方などの保存的治療で症状が改善する場合がありますが、それで改善しない場合には手術を行います。

手術法には切除術(損傷した部分を切り取る)と縫合術(損傷した部分を縫い合わせる)の2種類があり、関節鏡を使った鏡視下手術を行います。


オスグッド
オスグッドについて
オスグッドとは

オスグッドとは成長期におけるoveruse(使い過ぎ)による代表的な障害です。
脛骨結節という膝のお皿の下の骨が徐々に突出してきて痛みがでます。休んでいると痛みが消えますが、スポーツを始めると再び痛みが出ます。
発育期にあるスポーツ少年に起こりやすいのが特徴で、10〜15歳の成長期の子どもが、ジャンプやダッシュ、キックなどの動作を過度に繰り返すと起きます。
大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)が収縮する力が膝蓋骨、膝蓋腱を介して、脛骨結節に伝わり膝が伸びます。
繰り返し強い力が成長途上の脛骨結節にかかることにより、引っ張られて突出して、痛みがでます。

脛骨結節の突出

オスグッドの治療

成長期の一過性の病気で、成長が終了すると多くは治ります。
運動量の調整と大腿四頭筋のストレッチが大事で、その他アイシングなどを行います。

クリニック概要

◆京王線 代田橋駅から徒歩5分◆
◆京王線 笹塚駅から徒歩7分◆
■医院名 かわかみ整形外科クリニック
■診療科目 整形外科・スポーツ整形外科・
リハビリテーション科
■住所 〒168-0063
東京都杉並区和泉1-1-14 代田橋鈴木ビル1F
■電話番号 03-3322-8731
診療時間 日祝
8:30~12:00
15:00~18:30
[休診日] 水曜午後・土曜午後・日曜・祝日
MAP